DSC03655

ウサギは1匹で飼うと寂しくて死ぬのか?

「ウサギは1匹(一羽)で飼うと寂しくて死んじゃうんですか?」という質問なのか何なのかわからないが、店頭で聞かれることが多い。確かに昔からよく言われる話だが実際には逆である。2匹以上を狭いケージなんかで飼えば「自己主張が強く気が強いわりに臆病な性質」のウサギは、逆にストレスで早死にすると思います。まあ、そんな都市伝説的なものはともかく、どこでも手に入りやすく、おとなしく扱いやすい小さなペットは何かと聞かれれば、ウサギ1択になるでしょう。ドワーフ種も日本に導入され数十年が経ち、体質的にも日本の環境に順応する丈夫な個体が増えたので飼いやすい。飼育方法も確立されている。犬猫などもそうだが、フードのバリエーションと内容のレベルが上がった結果、昔よりも長命な個体が非常に増えている。昔なら考えられない話だが、10歳を超えても元気に飼育しているという人も多い。夏場の飼育も室内ならエアコンを、屋外ならば日陰で飼えば問題ない。当社では専属ブリーダーが繁殖している元気な個体を多数販売していますので、ぜひ一度ご覧ください!

 

関連記事

return top