1DSC02887

マンチカン(足長タイプ)

マンチカンといえばダックスのような短い脚が特徴ですが、実際に生まれてくる子猫の中で短足の特徴を示すものは2~3割程度と少なめです。それ以外は普通の猫と同じような体型や中間的な足の長さの子なんかが生まれてきます。だからルックスだけ見れば、この子なんかはスコティッシュにしか見えませんが、血統書上はマンチカンとなります。マンチカンは、その歴史上、多種多様な猫種との掛け合わせが行われてきた種類ですので、どんなタイプの子が生まれてきても不思議はありません。品種最大の特徴を欠いた純粋種の猫・・・足の長いマンチカンや耳の立っているスコティッシュフォールドやアメリカンカールなんかは、実は外見以外にも、その性格にも特徴や魅力があります。個体ごとの個性を重視して、他にはない世界で一匹だけの、あなただけの猫を探すという楽しみ方もアリだと思います。

関連記事

return top