P1290409

ロングヘアードワイマラナー

神秘的なカラーの被毛と眼色を持つ美しいワンちゃんです。個人的に好きな犬種なので、見つけたら必ず仕入れるのですが、いつもすぐに売れちゃいます。別に人気種でもないし、あんまり知られてない犬種だし、実は売れ残ったら家に連れて帰ろうという目論見で仕入れてるんですが、うまくいかないもんです。ロングヘアードワイマラナーは、そのルックスに一目ぼれして飼い始める方が多いですね。ペットの衝動買いは禁物、よく考えてから飼いましょうとかいう話がありますが、飼える環境じゃないのに飼うバカはあまりいないでしょう。飼える環境があったうえでのペットの衝動買いは正しいです。少なくとも犬に関しては(犬以外は勉強してから飼ったほうがいい)。よく、本やネットで得た知識だけで頭でっかちになってる人や、飼いやすいって話聞いたことがあるからとか、ペットショップの店員の話をうのみにしたり、散々悩んだり、理由をつけて飼う人ほど、なぜだかせっかく飼ったペットを飽きたり捨てたりする事例が多いような気がします。聞きかじりの理屈よりも、自分が一目ぼれするくらいのペットを衝動飼いする人のほうが幸せになれるのは、今までたくさんの事例を見て来てるので間違いはないです。さて、この犬の話。ロングヘアのワイマラナーって、街中で見かけることは珍しいかもしれません。でも、近年になって改良作出されたタイプではなく、初期のワイマラナーの時代、1800年代にはすでに存在していたと言われています。しかし、あきらかに短毛のワイマラナーとは異なる部分が多いのに、独立犬種としての登録はされていません。血統書上は普通の短毛タイプのワイマラナーと同じ扱いとなります。サイズや体型的にはセッターやポインターによく似ています。狩猟犬として活躍してきた歴史も同様です。もともとが狩猟犬ということで賢く、運動能力も抜群です。シルバーグレイの被毛は夏場の散歩などで日焼けすると茶色くなりますが、冬には元にもどります。胸が深いので胃捻転には注意が必要。こういう犬種にはフードは必ずふやかしてから与えたほうがいいと思います。日本の家屋で飼育する大型犬としてはベストな大きさのロングヘアードワイマラナー。興味のある方は是非一度、店頭で実物を見てください。

 

関連記事

return top